会社理念

会社理念

会社の理念は
人・夢・感動の創造
人創りを会社の根幹と考えています。

「キラキラ輝くライフスタイルの始まりを応援する」というコンセプトを実現するために、明るく・元気で前向きな人の育成、感謝の気持ちをきちんと伝えることの出来る人を育てることが何よりも大切と考えています。
その上でビジョンは、「販売スタッフの地位向上とスタッフが心から楽しめる舞台(店舗)にすること」です。物心両面豊かになれる店舗スタッフの育成をしていかないと、ただ単に疲弊し、次は別な仕事がしたい! という販売スタッフを量産してしまうことになります。販売スタッフが楽しめる店舗とは? ぜひ一緒にこの課題に取り組んでください!
当社は売上の拡大だけを狙っている会社ではありません。

 

ショップの存在意義

「キラキラ輝くライフスタイルの始まりを応援するショップ」

「流行を自分らしく取り入れたい・・・」そう思い続ける女性に、日常のシーンでコーディネートできるトレンドアイテムをセレクト。キラキラ輝くライフスタイルの始まりを応援するショップ。新しいファッションを身にまとったとき、今日のメイクにちょっぴり自信のあるとき、上司や同僚に認められたとき、彼氏や夫から「今日もきれいだね!」って誉められたとき、私達はキラキラ輝き、より前向きなライフスタイルを送ろうとする。

オシャレって女の子にも、大人の女性にも、自分に自信を持つことのできる ”魔法の呪文!” 私達はファッションを通じ、より前向きで ”キラキラ輝く” 毎日に・・・ そんな始まりを応援したい、オシャレを通じて女性がもっともっと自分に自信を持って、人生をエンジョイしてもらいたい、自分達もキラキラ輝きながら、お客様のキラキラ輝くライフスタイル創りをお手伝いします!

インポートショップ コンセプト & ブランド紹介

PROLOGUE CONCEPT & BRAND
「カジュアルだけど好感度」

プロローグが追及するのは、あくまで「カジュアル」であり、きれいめな安心服とは一線を画します。しかし大人の女性が自分自身を表現するための「カジュアル」は、特に女性目線での「好感度」を兼ね備えていなければなりません。トレンドを意識しながらも、自分なりの着こなしができる、さりげないオシャレにこそ好感度が生まれるのです。「トレンドを自分らしく取り入れたい・・・」そう思い続ける女性に、日常のシーンでコーディネートできるアイテムをセレクトします。

 

 

CANNARY CONCEPT & BRAND
7才若く見えるがテーマの大人のためのセレクトショップ
大人の女性のためのクローゼット

オシャレに敏感な大人の女性のための服がキャナリーの変わらぬテーマ。素材にこだわったワンランク上の大人の女性のための服をリッチカジュアルをベースに提案しています。「お食事に」「お出掛けに」「旅行に」シーンに応じたトレンドをちりばめた大人の女性のための服が必ずみつかるセレクトショップ。

 

 

社長からのメッセージ

自分達がキラキラしてないとお客様を輝かせることなんて出来ない

私達の使命は、自分達もキラキラ輝きながらお客様をキラキラ輝かせること、いつでも前向きで明るく元気な女性を創り続けることです。私達はファッションを通して、いかに女性を元気にすることが出来るか、いかに女性を輝かせることが出来るか、それを追求し続けることに全力で取り組みます。この会社の存在理由は、そんな素敵な女性を1人でお多く創出することです。
私達と大手の違いは、会社をメジャーにすることや大きくすることが目的でなく、私達に関わった女性を「キラキラ輝かせる」ことが目的ということです。理念である「人・夢・感動の創造」とは、そんな人や夢を創ることです。生き生きとし、人生をまっすぐに歩く事の出来る人創りをすることが、マツマルの存在意義なのです。「オシャレを楽しみ、自分自身に自信を持ち、自らキラキラ輝きながらお客様にもっともっと輝いてもらう、強い目的意識を持って、世の中を楽しむことが出来る人」そんな人を1人でも多く増やしていくことに、私達は全力で取り組みます。ぜひそんな夢をかなえる私達の仲間になってください!

私達のビジョンは、「販売スタッフの地位向上とスタッフが心から楽しめる舞台(店舗)にすること」です。

物心両面豊かになれる店舗スタッフの育成をしていかないと、ただ単に疲弊し、次は別な仕事がしたい! という販売スタッフを量産してしまうことになりがちです。販売スタッフが楽しめる店舗とは? 日々ワクワク・ドキドキするためには? 私達販売スタッフがもっともっと誇りと夢が持てるには? ぜひ一緒にこの課題に取り組んでください! この課題に少しでも近づくことが、ビジョンの実現へと繋がります。私達の働いている会社は素晴らしいところだよ! と心の底から言えるようにみなさんの力を貸してください。

代表取締役 佐賀 久芳

Translate »